フィッシングから身を守る7つの方法

タイトルのような対策が書かれたサイトがありましたので、参考までに。

7 ways to protect yourself from phishing (microsoft.com)

 

1.送信者のメールアドレスをよく確認する。

  偽りの小さなフェイクがないか、気を付ける。

2.一般的な挨拶なのに、緊急の行動を求めるメールには注意。

3.送信者の情報を確認できるなら検証する。

  疑わしい場合は返信せず、新規作成して返信する。

4.個人情報は、電話で伝える。

  センシティブなデータをメールに書いて送らない。

5.怪しいリンクをクリックしない。

  公式サイトにアクセスしてログインする。

6.知らない送信者や、通常は添付ファイルを送ってこない相手からの

  メールの添付ファイルは、むやみに開かない。

7.電子メールクライアントにはフィッシングフィルタを、

  メールアカウントにはスパムフィルタを利用する。

 

なかなか、ここまで常に細かく気を付けるのも難しいですね。

MDO(Microsoft Defender for Office 365)のフィッシング、マルウェア対策機能でもかなりの数の不審なメールをフィルタしているので、そのような自動機能は大いに活用することをお勧めします。