Microsoft 365 Business に含まれる M365 E5 Security 機能まとめ

Microsoft 365 Business について、M365 E5 Security の機能が含まれるか調べ直すことがあるので、まとめました。

まず各プランの機能一覧はこちら。

Microsoft 365 のすべてのプランを比較 | Microsoft

 

M365 E5 Security の5つの主要な機能について、それぞれ公開情報から調べました。

 

Microsoft Defender for Office 365(旧 O365 ATP)は含まれるか?

 → M365 Business Premium には、P1 の機能は含まれます

  • Microsoft Defender for Office 365 プラン 2 は、Office 365 E5、Office 365 A5、Microsoft 365 E5 に含まれています。
  • Microsoft Defender for Office 365 プラン 1 は、Microsoft 365 Business Premium に含まれています。

Office 365Microsoft Defender for Office 365およびExchange Online Protection - Office 365 | Microsoft Docs

 

Azure Active Directory Identity Protection は含まれるか?

 → IdP は Azure AD Premium P2 機能なので、含まれません

Microsoft 365コンプライアンスに関する&ガイダンス - Service Descriptions | Microsoft Docs

 

Microsoft Defender for Cloud Apps (旧 MCAS)は含まれるか?

 → これは Enterprise に提供されるので、含まれません

https://aka.ms/mcaslicensing

 → なお、MCAS の一部機能である OCAS(Office 365 Cloud App Security)は O365 E5/A3/A5/G5 に含まれる機能です。

Microsoft 365コンプライアンスに関する&ガイダンス - Service Descriptions | Microsoft Docs

 

Microsoft Defender for Endpoint(旧 Defender ATP)は含まれるか?

 → P1、P2 となりましたが、いずれも含まれません

Microsoft 365コンプライアンスに関する&ガイダンス - Service Descriptions | Microsoft Docs

 → ただし、Microsoft Defender for Business が発表され、パブリックプレビュー中です。これは Microsoft 365 Business Premium に含まれる予定です。

  • When Defender for Business becomes generally available, it will be included in Microsoft 365 Business Premium.

Microsoft Defender for Business と他のプランをMicrosoft 365する | Microsoft Docs

 

Microsoft Defender for Identity (旧 Azure ATP)は含まれるか?

 → Enterprise 向けなので、含まれません

  • Enterprise Mobility + Security E5 (EMS E5/A5)、Microsoft 365 E5 (M365 E5/A5/G5)、または Microsoft 365 E5/A5/G5 Security のライセンスを取得

Microsoft Defender for Identity の前提条件 | Microsoft Docs